前へ
次へ

中国語の学習は日本人にとって難しくない

漢字を使っているという共通点から、日本人にとって中国語を学習することはそれほど難しいことではありません。難しいことと言えば、正しい発音をマスターすることにあります。声調というのは日本語にはないもので、中国語特有のイントネーションに当たります。これは完璧にマスターするまでは時間がかかりますが、完璧にマスターしなくともコミュニケーションを図ることはできるのです。ただ、中国人からするとイントネーションが少しおかしいと感じられるようです。日本語にはない発音が中国語には含まれるので、それは慣れるまでは少し時間がかかるのです。他方で、中国本土では簡体字を使っています。日本では使われていない漢字の形であるということから、ある程度学習して法則を見出すまでは少し学習に時間がかかるかもしれません。文法に関して言うと、実は日本語よりも英語に近いです。主語の次に動詞が来て、その次に目的語が来るので、英語話者のほうが学習しやすいかもしれません。

Page Top